■Gestell 31 その1








Gestell 31は1931年に採用されたと思われる光学機器用3脚。上部の支柱角度はダイヤル回転に連動し複雑な調整が行える機構を備えている。開発の歴史的背景や生産状況は不明だが、各戦域で主力3脚として幅広く使用されている。

折り畳み状態での全長は97cm、重量は5.8kg。支柱基部の赤色とダイヤル周りのダークグリーンは製造当時のオリジナル塗装、脚の黒は再塗装されている。




脚は57cmまで伸ばすことが可能。脚を最大まで伸ばした写真右側の状態で高さは145cm。
















2段に伸縮する脚は非常に硬い木材が使用されている。重い光学機器を載せても脚がたわむことは無く、製造から80年が経過した今も変形や劣化は無い。




脚の伸縮・固定は蝶ネジを回す。







接地面には先端が尖った金属製のすべり止めが設けられている。













脚の基部はレバーを緩めて展開の角度を調整する。レバーの締め付けだけで脚は固定されるため、強い力が加わると脚が不用意に動く可能性がある。




レバーが下がっており脚を固定した状態。




レバーを少し上げると脚の固定が緩む。




製図用具や世界最高精度の機械式時計などを製造していたドイツのリーフラー社を示す「RIEFLER」と「No1053」の製造番号。この3脚で刻印が確認できるのはここだけ。



もどる