■Kar98k 照準器の装着

































リアサイト基部を合わせ板バネで固定するだけの簡易構造ながら照準器はしっかりと固定できる。しかし左側に大きく突き出た照準器は引っ掛かりやすく、過酷な戦場においては破損も多かったと思われる。
















グレネード発射器と照準器を装備すると重量は5.4㎏。専用照準器を使わない照準方法もあり、当時の写真を見ると照準器が未装着の銃も多い。




こちらが専用の照準器を使わない簡易照準方法。それぞれ垂直に立てた銃付属のリアサイトと銃先端部の各パーツを目印におおよその狙いを定める。「1」は射撃距離100m、「2」は140m、「3」は200m、「4」は300m、「5」は400mを示す。「1」の場合のみリアサイトの射距離スライダーを1500m、これ以外は100mに設定する。どの場合も射撃時には照準線が水平を保つよう注意しなければならない。



もどる