MG34 予備銃身ケース1本用 / Laufschützer 34













1秒間に15発という高い発射速度のMG34では連射時の銃身加熱が早く、200発ごとの交換が推奨されている。そのため、通常は1挺あたり3本の銃身が割り当てられており、予備となる2本は専用の収納ケースによって運搬されている。

ここで紹介するのはMG34の予備銃身を1本収納し運搬するためのケース(※2本収納型はこちら)。細長い円柱状のケース本体は左右部品の片側が丁番により接合されており、反対側より開閉させて銃身の出し入れを行う。MG42では銃身基部の形状が異なることからMG34の銃身専用ケースとなる。本品は当時のオリジナルと思われるダークイエローの塗装が綺麗な状態で残っている。

ケースサイズ:全長:660mm 直径:59mm
重量:1221g(銃身は含まず)












銃身をケースに入れた状態。銃身の形状に合わせて前後で金具サイズが異なるため銃身の収納する向きは一方向のみとなる。






こちらは銃身の薬室側を固定する内部の仕切り板。






こちらは銃口側の固定金具。簡易な構造ではあるが、ケースを閉じると銃身はしっかりと固定される。









ケース中央の一段くぼんだ部分に設けられた開閉ロック用の金具。




ケース本体の縁は、開けやすいように波型のリブが加工されている。




左右に2分割された本体は丁番で結合される。ケース本体の左右パーツは生産性向上のため同じ部品が使われている。












ケースの両端には長さ調整可能なダークグリーン色の布製スリングが付属。このスリングは厚手で丈夫な作りになっており、金具には「LUX」の刻印が確認できる。




ケースの端に打たれた刻印。「peq」のメーカーコードと「1943」という製造年が確認できる。アムト刻印は発見できないが塗膜に埋もれている可能性がある。




もどる