■刻印(銃左側)
※写真左が銃口側


木製ストックと銃身前方を固定するためのH型固定金具の中央にあるシリアル番号の刻印。





フロント側のスリングを通すための金具にはスリング通しを避ける形で左右に分かれてシリアル番号が刻印。





レシーバー前方の各種刻印を見る。左から、射撃試験に合格したことを示す国家鷲章と「5442d」のシリアル番号、バッフェンアムト刻印。バッフェンアムト刻印は縦に3つ同じものが打刻されており、やや読みにくいが「280」の数字はエルマ社を示すコード番号。右側上の剣が交わった刻印は無可動銃としてイギリス国内で加工された際の承認印(94は1994年に加工)であり、大戦当時のオリジナルのものではない。その下の花びらのような刻印もオリジナルではないように思うが詳細は不明。





レシーバーの薬室部分の最も径が太い部分にも射撃試験合格を示す国家鷲章とシリアル番号が刻印。番号一桁目の「2」だけは文字が細い。


さらにその後方には銃のモデル名を示す「Mod.98.」の刻印。




木製ストックのほぼ中央に位置し、リコイルを受け止めるクロスボルトのバッフェンアムト刻印。「655」のアムトは年代により複数のメーカーを示すようであるが41年であればモーゼル社のようである。本銃の木製ストックに付属する金具類のアムトはこの「655」で統一されている。



■刻印(銃右側)
※写真右が銃口側



フロントのH型固定金具にあるモーゼル社のバッフェンアムト刻印(反対側はシリアル番号)。




H型の固定金具を固定させるための板バネ状の小さな金具にもシリアル番号と「655」のバッフェンアムト刻印がある。※写真は刻印が見やすいように金具の一部を取り外してあります。




スリング通し金具右側のバッフェンアムト刻印(反対側はシリアル番号)。




リアサイト調整部品の側面に不鮮明ながら打たれたバッフェンアムト。数字は655?であろうか。




リアサイトの基部下側にもエルマ社コードのバッフェンアムトが2か所にある。反対側にも3か所に打刻されているので、一つの部品に合計5ヶ、同じアムトが刻印されている。




薬室側面に3つ並ぶアムト刻印。「ヴァッフェンアムト」の刻印はドイツ軍兵器局の検査に合格したことを示す検査印であるが、同一箇所に複数が打たれている場合、それぞれに意味があるようだ。この3つバッフェンアムトには、写真左側から「レシーバー検査印」「銃身とボルト機構、引き金機構の検査印」「銃身と照準器の組み立て、ボルト、引き金と弾倉部分の検査印」となっており、刻印を打つ高さと意味する刻印の並び順も指示書によって決まっている。




ボルト後部にあるボルトスリーブには「88」と思われるバッフェンアムト刻印が2つ。P-38拳銃などを生産していたSpreewerk GmbHというメーカーのようだ。




もどる