■レシーバー









kar98kがドイツ軍の主力小銃となりえたのは、1898年にドイツ軍の正式採用となったボルトアクション小銃であるGew98の機構をベースとした頑丈で信頼性が高く、射手の安全面も考慮して設計された極めて完成度の高いこの機関部があったからである。ボルトを起こす動作と同時にファイヤリングピンをコッキングする構造を持ち、ボルトオープン後、5発一組となったクリップを使うことで素早く再装填することができる。ボルト後部にはフラッグセーフティと呼ばれる安全装置があり、写真は安全装置解除の状態である。




薬室上面には製造年を示す「41」、製造メーカーコード「ax」はエルマ社を表している。 1941年にエルマ社で生産されたKar98kは約9万3千挺。本銃のシリアル番号「5442d」は41年になって45,442挺目に生産されたことを示すので、41年でも中頃の生産品であろうか。



レシーバー左側には多くの刻印が並ぶ。国家鷲章と「5442d」のシリアル番号、「mod.98」銃のモデル名、280の数字が入った兵器局の鷲章(バッフェンアムト刻印)が縦に3つ打たれている。このバッフェンアムトはリアサイトの右下にも2か所、薬室の右側にも3つが並んでいる。シリアル番号上方の刻印は無可動銃として加工されたことを示すイギリスの承認印であり、オリジナルの刻印ではない。







マガジンベースはトリガーガード前方の穴にとがった棒(弾薬など)を突っ込んでボタンを押すと取り外すことができ、ボルトを操作せずに内部に5発収納される弾薬を安全に取り出せる。ここにも2か所にシリアルナンバーとバッフェンアムト刻印がある。




マガジンベースを外したところ。弾薬を上に押し上げるための板バネとマガジンフォロアーが見える。






マガジンフォロアーの上面には製造年を示す「37」と製造メーカー Mauserwerke を示す「655」のバッフェンアムト。裏面にも何やらデザインされた小さなマークが確認できる。




フライス加工の跡が残るマガジンベースの内側にも2か所に刻印がある。






上下のレシーバーを固定するネジは、小さなネジを勘合させる構造により緩みを防止する。この方法はMP40のレシーバーとグリップの接合箇所にも見ることができる。マイナスネジの頭にまで製造年?と思われる「41」の刻印が入っている。




トリガーガード後部のネジも2重ネジにより緩み防止する。




上下のレシーバーはストックを挟んで2本のネジで結合される。







kar98kレシーバーの本体


kar98kレシーバーの本体

kar98kレシーバーの本体

木製ストックを取り外したレシーバー部は各部のデザインもシンプルで洗練されている。マガジンベースやトリガーガードなどは生産性向上のためプレス製も登場するが、このkar98kのレシーバーはすべての部品が削り出しで製作されている。
※無可動銃のためトリガー付け根にあるシア(74の刻印がある部品)の後ろ半部が切断されています。









5発の弾薬を収納するボックスマガジンと一体となったトリガーガード。




もどる