■サドルドラムマガジン・DT-15







レシーバー上面にまたがるように装着する姿から「サドル(鞍)ドラムマガジン」という名称の方が一般的。バラ弾薬を収納し、内部のスプリングによって弾薬を押し出す機能は一般的なマガジンと同じであるが、弾薬を渦巻状に収納し、かつ左右に振り分けて配置しているため、独特の外観となっている。この配置によって、左右の弾薬重量バランスが均等になる、装弾数が多いという利点の一方、複雑な構造、重量が重い、素手による装弾が困難、ベルト弾給への素早い切り替えができない、などの欠点も多い。




DT-15は主に航空機搭載用の機関銃として開発されたMG15用のサドルマガジン。MG15はDT-15とその後に開発されたPT-34以外の給弾方法がなく、サドルマガジン専用の機関銃となっている。















装弾数75発。主要外装部品はスチールのプレス製。DT-15のほとんどが黒の塗装仕上げ。サイズは横267×幅108×高さ124㎜(金具の突起を含む)。弾薬未装填時で重量2382g。75発フル装填時で4407g。




マガジン背面には残弾確認用のスリットが設けてある。右側の0、25、50、75発と25発毎の赤色で表示された数字は左右合計の残弾数を示し、スリットから残弾が確認できる。左側は0、75発の2か所にスリットがあるのみ。




中央部は内部に配置されたぜんまいバネの中心軸が通る。DT-15への弾薬装填時にはこの軸に装弾ツールを差し込む。この部分はPT-34と形状が異なっており、両者を識別できる数少ないポイントの一つ。




こちらはDT-15の前部。こちら側の中心軸もPT-34と差異がある。







上面に設けられたキャリングベルト。このベルトは黒い合皮であるが本革、布製など複数のバリエーションがみられる。写真右側のベルト金具で長さを調整する。

中央に配置されたT字型の部品はマガジンリリース金具。




マガジン上部の刻印。製造メーカーコード「awt」は Wuerttembergische Metallwarenfabrik AGを示す。「40」は1940年製造。「D-T15」の名称、「Nr.」は番号の意味でその後に続く「39067 C」のシリアル番号を指すと思われる。「Fl. 46300」はドイツ空軍でDT-15を示す管理番号となっており、多くのDT-15で同じ刻印が確認できる。




マガジン背面。本体と同じ「39067 C」の刻印が打たれている。




おそらく製造メーカーのロゴ?と思われる小さな刻印。




マガジン背面の給弾部分。薄い刻印の上に塗膜が重なり写真では見難いが、写真中央下にドイツ空軍承認マークが打たれる。




マガジンリリース金具に打たれたドイツ空軍の承認マーク。




こちらは別のDT-15。製造年の数字が見当たらないが右端の「K」は1934年製を示し、初期に生産されたDT-15となる。6の数字が打たれた旧デザインバッフェンアムト、〇と△の中にSが打たれた刻印はともに製造メーカー Simson を示す。「261f」はシリアル番号。

バッフェンアムトの刻印は1935年以降、ドイツ空軍の刻印へと置き換わる。


もどる