■発射レバー







引き金形状の発射機構をもっておらず、上部レバーに「Feuer」(発射)と書かれた部分を押し込むと発射される。レバー右側面の小さな金属製リングはピンの抜け防止用。




発射レバーのスライド式安全装置。写真ではスチールピンの付いたレバーが「Sicher」(安全)の位置にあり、発射レバーをロックしている。レバーを押し込んでも動かない。




レバーをスライドさせて「Entsichert」(安全解除)の位置に動かすと、発射レバーのロックが解除。発射準備が整う。




リアサイトが折りたたまれた状態では発射レバーがリアサイト部品と干渉しレバーの動きをロックする(上の赤丸)。またスライド式安全装置も解除位置に動かぬようロック(下の赤丸)される。簡易な構造でありながら3重の安全装置が備わっている。






発射レバーは中央のピンが支点となってシーソーのように動く。




発射機構は板バネのテンションで雷管を叩く極めてシンプルな方式。雷管が内部に収まる六角ナットと雷管を叩く板バネが確認できる。(写真は射撃後の状態)




こちらが射撃前の状態。赤矢印で示した板バネ(本個体では板バネに付く撃針部品が失われている)はテンションが掛かった状態でピンに引っ掛かり保持されている。







発射レバーを押し込むと板バネを保持していたピンが上に動き、板バネを開放。バネの弾性で雷管を叩く。




もどる