■測距儀光学部 その2


左右に配置されるレティクルレンズ。2枚のレンズが重なっており、レンズの合わせ面にレティクルパターンが印刷されている。






レンズの直径は14㎜。この中に独特の形状をしたレティクルが見える。




レティクルの横幅は5㎜。並んでいる各数字の幅は僅か0.05㎜。あまりに小さすぎて、肉眼では数字が読めない。極小・微細な文字を鮮明に印刷できる技術にも感心する。




マクロレンズを使い撮影した測距儀のレティクルパターン。







レティクルレンズは2本のネジで筒本体に固定。側面には手書きで「525」のシリアル番号が記入(写真は数字が逆さ)されている。










筒の両端部分。レンズは1群2枚構成。鏡胴(レンズを取り付けるための筒)は筒にネジ止めが多用されているが、このレンズに限っては筒へ圧入されている。レンズを鏡胴へ固定するリングもネジ込み式が一般的であるが、ここではろう付けで固定されている。後部に配置された側面に一定間隔の穴が開いたリングは、圧入された鏡胴を取り外す際に使用する。




もどる