■測距儀光学部 その3








測距儀の左側(使用者から見て左)にある調整ノブ。調整ノブを回転させることにより、本体筒の内部にある光学筒全体の角度を変化させる。これによって、両眼にそれぞれ映るレティクルの高さが変化し高度を測定できるらしいのだが、高度の算出方法が分からない。

調整ノブからギヤとシャフトを介してネジ山を回転させると、ネジの回転量に合わせて光学筒全体が押されて、本体筒内部で角度が変化する構造。




調整ノブの上部。ノブの回転をかさ歯車(べベルギヤ)によってシャフトへ伝達する。




調整ノブは不用意な回転や誤操作を防ぐため、カバーで覆い操作口を2か所に制限。さらに一番外側に付く部品(写真右側)が90度回転する事により、操作口を完全に塞ぐことも可能な構造。




こちらは測距儀の右側(使用者から見て右)にある調整ノブ。長いロットを介して対物レンズを回転させる。これによって目標までの距離を測定する。







調整ノブの上部。0から74までのダイヤルは測定距離を表示していると思われ、ノブの操作に連動して回転。この数字は測距儀本体に設けられた丸い小窓から確認できる。




長いロッドに接続したギアと対物レンズ周囲のギアが噛み合って対物レンズをクルクルと回転させる。この対物レンズは目視で見る限り、ただの平ガラス。平ガラスが回転したところで、何か変化が起こるわけでもなく、実際に覗いて調整ノブを回しても何も変化しない、距離表示ダイヤルは変化するのだが...
ここではいったい何が調整されているのか、ここも不明である。






対物レンズは前面にある4つのマイナスネジによって本体筒に固定される。写真は一つ前の項目で紹介した測距儀右側の対物レンズであるが、左側は調整機構が無いためギアなどが省かれたシンプルな形状となっている。




光学筒と対物レンズの中間に設けられた調整用のレンズ。ノブの操作に連動してレンズが90度可動する。通常の使用時にはレンズを倒して収納状態とし、「調整」の際にはレンズを起こす。写真右がレンズを倒した状態。

「調整」が具体的に何を示すのかわからないが、このレンズを起こした状態にすると近距離にピントが合う。測距儀には付属品としてこの調整に使用する調整器具が同梱されているので、これを使うときに使用するレンズと思われる。







調整レンズとノブはH型の金具で接続される。







対物レンズに接しているプリズム。対物レンズから入ってきた光をプリズム内で屈折させて光学筒へ導く。




測距儀内部の位置関係はおおよそこのようなイメージ。こちらは使用者から見て左側。




もどる