■マウント / MG42の搭載







ラフェッテ34と比較して最も異なる部分が銃を搭載する前部マウント。ラフェッテ34では独特の機構を持つMG34の銃身交換を3脚に乗せたまま行えるよう複雑な形状となっていたが、ラフェッテ42ではシンプルな形状に変更された。













右側へ突き出たレバーを操作することで銃の着脱を行う。銀色の筒(アルミ製)は内部にスプリングを内蔵し射撃の反動を抑えるダンパー。






レバーを後方へ動かすと、マウント中央の固定ブロックが連動して動く。




バレルジャケット下面に設けられたラフェッテとの接続ベース。




後部のマウント金具はラフェッテ34とほぼ同形状。




ラフェッテ42へMG42を搭載する手順。先ずは銃のスリングがフレームと干渉するためグリップ側を外し、ラフェッテ後部マウントへ銃側の突起を勘合させる。




前部マウントにMG42を載せる。この時点では固定されていない。




レバーを動かすとマウント金具の溝にMG42側の突起がはまり込んで固定される。これで完了。ゆっくりやっても10秒未満の簡単な作業であるが、もちろん銃がグラグラするような事は無い。










MG42は前後のマウント金具の他にバレルジャケットとレシーバーの中間部を支える支持架の3点で保持される。







2脚は収納状態にもできるが、上記写真の通り隙間がほとんど無い。射撃の反動でマウントが後退するとフレームにぶつかるため射撃時は必ず展開状態にする必要がある。この点、ラフェッテ34は収納状態でも射撃が可能。



もどる