41年型弾薬箱 / Patronenkasten 41 für MG




34年型弾薬箱の後継として1941年から使用された弾薬箱。弾薬箱の機能としては34年型と同じであるが、生産性を向上させるための形状変更とフタの内側にゴムパッキンが配され防水性能が向上している。本体に使われているスチール板もより厚いものが使用され強度も向上しているが、34年型のスチール製弾薬箱と比較すると630gほど重くなっている。

重量:2308g










弾薬箱のサイズは373×173×87mm。開閉金具が付いた両側面は、フタの金具に差異がある以外、全く同じ形状となっている。




フタ上面の中央部に打たれた刻印。薄くて見にくいがメーカーコードは「brh」?、アムトは「136」であろうか。「42」から1942年製であることが分かる。この弾薬箱はジャーマングレイで塗装されているが、戦中のオリジナルではなく、リペイントされている。




両端の側面に打たれた「Patr.Kast.41f.M.G」の刻印。機関銃用弾薬箱41年型を意味する。









機関銃への給弾時に弾薬への砂や泥の付着を防ぐために弾薬トレーとしても機能するフタ。41年型ではフタがより地面に近い位置になるよう改良され、給弾のやり易さが向上している。



こちらは34年型の弾薬箱。




内部もサビ止め塗料がリペイントされているのでわかりにくいが、フタの内側周囲には防水のためのゴムパッキンが取り付けられている。なおオリジナルの弾薬箱内部がこのような錆止め塗料を塗りっぱなしの仕上げであったかどうかは不明。






もう一つの41年型弾薬箱。こちらはダークイエローで塗装されているが塗膜が厚いので戦中?のリペイントと思われる。



「bdk」の刻印から製造メーカーはSchneiderwerke、1944年製。







44年製造の弾薬箱はフタの固定金具が接続する「口」型の金具から外れる構造。




42年製の弾薬箱はフタが外せない構造。




フタが紛失する恐れがあり、これといった利点が無いように思う構造であるが完全にフタが分離する。このフタは左右どちらの向きでも取り付けられる。




反対側の側面は一部の金具が無くなり省力化されている。またリベットが無い金具の接合部にはスポット溶接が採用されているものと思われる。各部の持ち手に取り付けてある手を保護するための革バンドも生産性向上のためか44年製には無い(紛失した可能性もあるが)。








34年型と41年型2種類との各部の比較。




もどる