■薬室周り


MG34の薬室







MG34の薬室下面

薬室上部にはリアサイトがあり、右側には後述する銃身交換のための回転軸が収まるための張り出し部がある。その回転・ロック機構のために各部は複雑な形状で構成されている。





MG34の薬室上面




MG34の薬室側面

薬室左側。細長い楕円形の部品はバレルジャケットとレシーバーグループをロックするためのラッチ。



■銃身交換機構



MG34の銃身交換

MG34のレシーバー2分割


MG34のレシーバー2分割
MG34は素早い銃身交換を可能とするために銃本体がバレルジャケットグループとレシーバーグループの前後で2分割できる構造となっているのが特徴。薬室左側のラッチレバーを押しこむとロックが解除し薬室右側の軸を中心にしてレシーバーを反時計回りに回転させると薬室後部が開く。





MG34の銃身交換

開いた薬室後部から手袋をした手かフック状になっているスタータータブの先端を突っ込んで加熱した銃身を引っ張り出す。銃身交換に要する時間は操作に慣れた射手で10秒程度。



MG34銃身交換のイラスト

一つ上の写真とほぼ同じだが、ドイツ軍の教本に掲載されたイラストを示す。



MG34のレシーバー分割




ロックピン(薬室右側の下部にある円形の突起)を下側から押し込むと結合が解除され、完全に分離させることができる。







MG34のレシーバー前部



MG34のレシーバー前部

レシーバー側の構造を見る。機関銃の前後を結合する重要な部分であるため、高い工作精度が要求されるが、ガタツキは皆無で「ガチッ」と確実にロックされる。内部は回転しながら開閉を繰り返すボルトが動くため、複雑な形状に加工されている。




もどる