■バレルジャケット

MG34のバレルジャケット


MG34のバレルジャケット



MG34のバレルジャケット

品質過剰・凝り過ぎと言われるMG34を語る上で話題に上がるのがこのバレルジャケット。銃口側は薄く、射手側は徐々に肉厚が厚くなるように設計された削り出し部品であるというもの。銃身の冷却は空冷式のため空気が流れるよう、多数の穴があけられている。



MG34のバレルジャケット肉厚
本当に肉厚が変化しているのか?A~Eまで5か所の実測値は次の通り。

A・・・ 1.9ミリ  B・・・2.1ミリ  C・・・2.4ミリ  D・・・2.4ミリ  E・・・4.3ミリ

AからCまでは緩やかに肉厚が変化しDまで均等、Eの直前から急激に厚みが増しており、単純なテーパーではない非常に複雑な加工が施されている。この微妙な変化に何の意味があるのかよくわからないが、噂通りの凝った作りである。













MG34のバレルジャケット

バレルジャケット中央には対空射撃用のフロントサイトを取り付ける基部があり、下側にはスリング金具の取り付け用リングがある。




MG34バレルジャケットの2脚金具

収納した2脚を固定するための矢印型の突起がバレルジャケット下側に設けられている。



■マズル

MG34のマズル





MG34のマズル上面




MG34のマズル

ラッパ型の消炎器が装備され、その内部にはリコイルブースターと呼ばれる部品が収まっている。消炎器後部の外周に掘られた溝と上部のラッチがかみ合って、回転を防止している。




MG34のマズル




MG34のマズル

ラッパ状の消炎器奥にシルバーの金属地が出ている部品がリコイルブースターである。





MG34のマズル分解

マズル先端の部品を取り外すと銃身先端が顔を出す。消炎器は固定しているラッチを上げながら手で回せば外れるが、消炎器とバレルジャケットの中央にある部品(下の写真右側のもの)はレンチで外す。

MG34のリコイルブースター

左が消炎器本体、中央にあるものがリコイルブースターであり写真の向きで消炎器の内部に収まる。射撃時の燃焼ガスがこの部分に入り込むことで、ショートリコイル方式の銃身後退の動きを補助し射撃速度を向上させるためのもの。消炎器本体を回して位置を前後させることでリコイルブースターが収まる内部空間の容積を調整して射撃速度を調整できるようであるが、どの程度の範囲で速度調整ができるのかを示す資料がない。消炎器以外の2つの部品にはシリアル番号が書き込まれている。



MG34のリコイルブースター内部

リコイルブースターの内部はすり鉢状になっており、射撃時にはこの部分に高圧のガスが吹き付ける。このMG34はその程度から射撃回数は非常に少ないと思われるが、内部の壁面はガスの影響と思われる大きな凹凸が発生している。




もどる