■2脚


MG34の2脚


MG34の2脚基部



MG34の2脚基部






MG34の2脚基部


MG34の2脚取付基部



基部は削り出し部品、脚はプレス製で脚の裏側にはバネが仕込んであるので、脚は常に開いた状態を維持する。銃本体に取り付けた状態では、後方に90度(収納するため)、前方に約10度、左右に約30度の範囲内で動かすことができ、基部から360度回転(180度ごとにロックが掛かる)させることもできる。
一番下の写真は2脚を取り外した状態を示し、バレルジャケット側に2脚取付用の溝が加工されている。マイナスネジで留められた板バネにより溝に差し込まれた2脚基部をロックし脱落を防止する。




MG34の2脚開閉比較

基部下側に飛び出しているネジを回すことで、2脚の開き具合を任意に調整することができる。写真左が最大に開いた状態(ネジを緩める)、右が閉じた状態。




MG34の2脚収納状態



MG34の2脚収納状態
MG34の2脚固定金具

2脚を収納した状態(上の写真は説明のため片側のみ)。バレルジャケット側の矢印型の突起に引っ掛けて固定する。2脚はスプリングにより常に開く力がかかっているため、これだけでも収納状態で固定される構造にはなっているが、さらに金具を追加し、確実に固定されるよう凝った作りとなっている。




MG34の2脚取り外し

バレルジャケット側の板バネを押してロックを解除しつつ、2脚の基部を上方へ180度回転させると銃本体から外すことができる。





MG34の2脚装着位置の変更

MG34の2脚装着位置変更




MG34はバレルジャケット後部の位置にも2脚を取り付ける溝があり、この位置に装備すれば広い射角を得ることができる。



もどる