■ボルト


MG34のボルト


MG34のボルト



MG34のボルト




MG34のボルト




MG34のボルト


エキストラクターとエジェクター・ファイアリングピンのシアーが取り付けられたボルト本体、ボルトキャリア、ファイアリングピンなどから構成されているMG34のボルト。ボルトヘッドは約80度回転する構造になっており、ボルト閉鎖時には銃身側のリブと噛み合ってボルトがロックされる。オープンボルト作動方式であるMG34のファイアリングピンは固定式では無く、可動する。ボルトヘッドの回転に同調して、ファイアリングピンのコッキングと前進/撃発する構造となっている。

MG34のボルトは他のパーツと同様に極めて精巧で複雑な構造をしており、削り出しで製作されたその外見はメカメカしく美しい。

全長:183.5mm  重量:513g



MG34のボルト





MG34のボルト先端

ボルト本体の上面。円形の突起はボルトが閉鎖し回転する際のローラーガイド。ボルト先端の左右に2本ずつあるリブが銃身側の溝と噛み合うロッキングラグ。斜めに組み込まれたピンはボルトヘッドまで貫通しており前後に可動、エジェクターとなる。

中央に写っている細長い部品、教本では「Ausstoßer ※エジェクター」とあるが、エジェクターは上記のとおり存在する。各部の位置関係を確認すると、フィードトレイに載せられたベルトリンクから弾薬を抜き出す際に、この突起の先端部が弾薬底部に当たり押す構造となっている。しかし、なぜ一体ではなく別部品である必要があるのか?またスプリングが内蔵され動く構造となっているのだが、これはなぜか...摩耗が早く頻繁に交換が必要なのであろうか。この部分、MG42では単純な一体型となっている。




写真右はエジェクターが前進した状態。エジェクターはボルト後退時にレシーバー側の突起に当たる事で前進する。




こちらはボルトヘッドが収まる銃身の薬室部分。内側は複雑な形状となっており、ボルト先端の2本のリブが噛み合ってロッキングするための溝が2本加工されている。




MG34のボルト先端

ボルト本体の下面には薬莢を引き抜く幅広のエキストラクターがある。



MG34のボルト

薬莢のリムにガッチリとくい込んで弾薬を確実に保持する。







MG34のボルト 閉鎖状態

ボルトが80度回転した状態。レシーバー内で前進位置にあり銃身のリブと噛み合って閉鎖している状態を示す。




MG34のボルトヘッド

ボルトヘッド。下部にエキストラクター、中央にファイアリングピン(前進位置にある状態)、その上の穴にはエジェクター(後方へさがった状態)が見える。




MG34のボルト

ボルト後部。上部の凹にはフィードカバーの部品が噛み合って給弾機構を作動させる。




■ボルトの刻印


ボルトの上面、最も多くのMG34を生産したブルーノ造兵廠を表す「dot」の刻印。




ボルト下面、文字がやや読み難いがブルーノを示す「WaA63」と「A Z」「a」の刻印。




ボルト側面、ローラーガイドの横。「113」とあるが最初の「1」だけ字体が異なる。




ボルトキャリアの中央上面。「WaA4」はGustloff-Werkeを示す。


ボルトキャリアの後部。何を示すか不明であるが「GE」「1C」が確認できる。


もどる