■フィードカバー

MG34のフィードカバー上面

プレス製の本体に、削り出し部品で構成される給弾機構部分が組み合わさっている。レシーバー内部を前後に動くボルトと連動して内部機構が動くことにより、重量のある弾帯を所定の位置に引きずり込む。カバー上面にはメーカーコードと銃のシリアルナンバーが刻印されている。後部のラッチ(マイナスネジがある部分)を銃口側へ押すとカバーを開けられる。




フィードカバーはリアサイト本体と干渉するところまで前方へ大きく開く。



MG34のフィードカバー取り外し

フィードカバーは写真のように40度ほど開けた状態で前方の固定ピン(人差し指で押している部分)を右側から押しながら後方へ抜き取ることができる。





MG34のフィードカバー分解






MG34のフィードカバー弾給部分

写真右側の部品が左右に動くことによりメタルリンクを1発分ずつ機関部に引き込み、その両側にある細長い爪によって引き込んだベルトリンクが逆方向に動かないようロックする。


工具なしでここまでは容易に分解ができる。写真でグレーに写っている中央にレールがついた部品がロアレシーバー側のボルトの溝と噛み合い、ボルトの前後運動と連動することで、ベルト送り用の爪を動かし給弾機構を作動させる。




MG34フィードカバーの動き

MG34フィードカバーの動き

各部はこのように勘合し、左右に動いた状態を示す。2つのバーがそれぞれの支点を中心として動くことにより、弾給機構の爪があるプレートを動かす。




■フィードトレイ

MG34のフィードトレイ





MG34のフィードトレイ

MG34のフィードトレイ裏側

フィードトレイは裏側にバネが入っており、これがロアレシーバー側の溝と噛み合うことで固定される。製造中のなんらかの理由により機械で刻印された「5727」のシリアル番号は線が引かれ「5329」という新たなシリアル番号が手書きで書かれているが、このMG34には多くの部分でこの手書きシリアル番号が確認できる。




写真中央の細長い溝にフィードトレイのばねが勘合する。




フィードトレイの右側側面はフラットな形状であるが、トレイに乗せたベルトリンクが滑り落ちるのを防ぐため1942年の中盤以降に改良が行われ、空のベルトリンクを引っ掛けるための突起が設けられる。写真左側のフィードトレイが改良型。これはMG42のフィードトレイでも同様の改良が見られる。







小さな突起であるが、トレイ上のベルトリンクが滑り落ちるのを確実に防ぐ。装填作業時間の短縮や確実な装填につながる。



もどる