■レシーバー

MG34機関銃のレシーバー

MG34機関銃のレシーバー









MG34 トリガー





MG34機関銃のトリガー

ロアレシーバー周りは、プレス製のエジェクションポートダストカバー以外ピストルグリップ本体部も含めて全て削り出しにより作られている。トリガーにセミ・フルオート射撃の切り替え機構があり、「E」(Einzelfeuer) の刻印がある上側を引くと単発射撃、「D」(Dauerfeuer)の下側を引くと連続射撃となる。トリガー上部の丸ボタンが安全装置となっており、写真では「F」(Feuer)が見えているので射撃状態となる。







MG34機関銃のレシーバー右側

レシーバー右側には大きく突き出たコッキング・ハンドルがあり、全面に滑り防止のローレット加工が施されている。その前方の開口部からは射撃時に弾薬の空リンクが排出される。








MG34のエジェクションポート

レシーバー下面にはエジェクションポートがあり、射撃後の薬莢は真下にけり出される。異物進入防止のために装備されたダストカバーはトリガーの動きに連動して自動的に開く。写真上が閉じ、下が開いた状態。
※エジェクションポート前のスリットは無可動銃の加工によるもので実物にはありません。










トリガーガード前方のスリットから僅かに飛び出た金属線によってダストカバーは閉じ位置で保持される。この金属線はトリガー機構とリンクしており、トリガーを引くと金属線も後退、ダストカバーがスプリングの力で開く。




MG34のレシーバー後部

MG34のレシーバー後部は円形となっており、内部の溝に噛み合ったボルト後部が見える。



MG34 レシーバー分解



MG34のピストルグリップ分解

ピストルグリップとロアレシーバ本体は前後2本のピンで結合され容易に取り外しができる。ピストルグリップはベークライト製のグリップが付いているが、やや角ばった形状となっており、小さな手では握り難さを感じる。




MG34 グリップパネル

樹脂製グリップ(左側)の裏側には2か所に刻印が入っている。「TS 3323」の刻印は右側グリップでは「TS 3322」となり数字が変わる。繊維が混ぜられたようなベークライト樹脂独特の模様が確認できる。



MG34のレシーバー



MG34 レシーバー








MG34のレシーバー




MG34のレシーバー





MG34のレシーバー

レシーバー各所には機械加工の切削痕が残る。良質の鋼材といわれるスウェーデン鋼の塊から複雑に削り出された仕上がりは美しく、各部の勘合精度も高い。







MG34のボルト



MG34のボルト



MG34のボルト

レシーバー内部にはボルトとボルトスプリングが収まっている。この無可動銃では後退した状態でボルトが溶接固定されてるが、MG34はボルトが開いた状態から射撃サイクルがはじまるオープンボルト方式のため、射撃時にはコッキングハンドルを引き、この状態となる。
ボルト上面には銃本体の製造メーカーと同じ「dot」※ブルーノ造兵廠 という製造メーカーコードとバッフェンアムト刻印の他、手書きと思われるシリアル番号や、刻印されていたシリアル番号を消すために引かれた二重線などが書かれている。

レシーバー右側に2本のマイナスネジで固定されたプレートはボルトのエジェクターを作動させるためのもの。


もどる