■ストック

MG34のベークライト製ストック

MG34のベークライト製ストック

MG34のベークライト製ストック

MG34は木製とベークライト製、2種類のストックがあり、本銃には黒いベークライト製のものが付属。銃本体とは一致していないが「2160」の4ケタのシリアルナンバーも打刻されている。ベークライトの素材には強度向上のためか、細かく断裁された布きれや繊維のようなものが混入されているようで独特の模様となっている。



MG34の木製ストック


MG34の木製ストック

木製ストックを取り付けた状態。単材からの加工であるが、強度向上のため?か丸い木材部品が埋め込まれている箇所がある。




MG34のストック後部

ストック後部には滑り止めの溝が刻まれており、ベークライト製ストックはこの部分が別部品となっている。




MG34のストック分解

基部の金具はストックに1/3ほど入り込んで、大型のマイナスネジで固定される。





MG34レシーバー後部の刻印

レシーバー後部上面。左からベークライト製ストック、ストック基部金具、リコイルバッファー、レシーバー本体、フィードカバーという構成。


MG34のストック取り外し

MG34のストック取り外し状態

ストック本体は、ストック基部の楕円形のラッチを押して1/4回転ほどさせると取り外すことができる。戦車等の車載機銃として車内で使われているMG34はストックを外したこの状態で搭載される。



MG34のバッファー

MG34のバッファー

ストックとロアレシーバーの中間には、後退してくるボルトを受け止めエネルギーを吸収するための緩衝器、バッファーが設置される。ここにはリコイルスプリングも収納される。バッファー基部の取り外しには、固定ラッチを押す他に、フィードカバーとも干渉するのでフィードカバーを開ける必要がある。




もどる