■ボルト その1









1200発/秒の高速な射撃速度を実現させるMG42のボルト。ボルト前部が約80度回転する複雑な構造のMG34から、ボルトヘッドの左右に円形のローラーを配した「ローラー・ロッキング方式」を採用し構造を簡略化しつつ、作動面でも高い信頼性を実現させた。

全長:168mm  重量:545g




マニュアルに掲載されたボルトの写真。「a」とある側がボルトの上面、「b」がボルト下面である。




MG34のボルトを並べる。全てを削り出し加工によって作られたスリムで精密な印象を受けるMG34のボルトと、荒々しい加工跡が残る簡素で力強いMG42のボルト。それぞれの機関銃の性格が形によく表れている。







ボルトの上面。ローラーの後方にはエジェクターの一部が見える。









ボルトの下面にはMG34よりさらに幅広のエキストラクターを装備。薬莢のリムを確実に保持する反面、薬室内に薬莢が張り付くと、リムをちぎってしまう恐れがある。




幅広で重厚な印象をうけるボルトヘッド。上部の突起によりベルトリンクから弾薬が押し抜かれる。弾薬底部が収まる窪みには、エジェクターの先端が見える。







ボルトキャリアの表面は鋳造肌がそのまま残っており、作動に関係ない部分は仕上げを省略している。下面には引き金のシアーが引っ掛かる突起の他に、「16/61」「5 17189」の刻印が確認できる。




ボルトキャリアの後部。上面の円柱部品はフィードカバーの内側にあるレールと勘合し、ボルトの前後運動により弾給機構を作動させる。




もどる