■フィードカバー


MG42のフィードカバー

フィードカバー本体はプレス製。中央にはシリアル番号が刻印されている。後部のラッチを銃口側へ押すとカバーを開けられる。MG34のフィードカバーは閉じる際にも後部のラッチを操作する必要があるが、MG42の場合はカバーを上から叩けば閉じることができる。



フィードカバーを開けた状態。銃身側へ大きく開くMG34とは異なり、ストッパーがあるため写真の角度で固定される。


MG42のフィードカバー取り外し

フィードカバーとフィードトレイを銃に対して90度上に開けた状態にすると固定ピンを外す事ができる。なおこの固定ピンの頭には「BK」の刻印が打たれているが、これは独軍オリジナル部品ではなく戦後のユーゴスラビアで生産されたM53の部品。分解時に紛失したため交換されたのかもしれない。





MG42のフィードカバー内部



MG42のフィードカバー




フィードカバー裏側には、ボルト後部から突き出た円形の突起と噛み合って、ボルトの前後運動と連動して給弾機構を左右に動かす役割を果たすカムバー、弾帯の金属リンクに噛む爪状の部品などで構成され、多くの部品がプレス製となっている。MG34ではこの爪が一つであったがMG42では二つとなり信頼性が向上すると共に、戦後開発された機関銃はMG42の機構を参考にされたものが多く、設計の優秀さを物語っている。




各部品が複雑に組み合わされた給弾機構をフィードカバー前方より見る。




親指で押さえているプレートを写真向かって左側へ押すとロックが外れる。




プレートが90度開くと、各部品が取り出せる。




MG42のフィードカバー分解






MG42の給弾機構

給弾機構はバネを使って巧みに各部品が固定されているため、工具無しで容易に分解ができる。




■フィードトレイ




MG42のフィードトレイ




MG42のフィードトレイ






MG42のフィードトレイ比較

2つのフィードトレイを並べた写真。
MG42のフィードトレイは細かな差異ではあるが2種類が存在(MG34も同様)する。違いは右側に設けられた突起の有無(写真左側のフィードトレイに突起あり)であるが装填の際に重要な役割を果たす。
フィードトレイに乗せた弾帯のベルトリンクがこの突起に引っ掛かかるため、弾帯から手を放してもフィードトレイの所定位置に留まるが、この突起が無いと弾帯はトレイから滑り落ちてしまう。射手や装填手はフィードカバーを閉じるまで弾帯を保持し続けなければならない。




MG42のフィードトレイ

突起のあるフィードトレイを使った例。金属製リンクとフィードトレイの突起が噛み合ってストッパーの役割を果たしている。




フィードカバーと同じピンで固定されているため写真のように上方へ跳ね上げることができる。射撃時の作動不良や弾詰まりを素早く排除できる。




もどる