■ストック

MG42の木製ストック


MG42の木製ストック

ストックはMG34と同様に、ベークライトの樹脂製と木製の2種類が存在する。木製ストックは単材から加工され肩当て部分には滑り防止の溝が刻まれている他、シリアル番号と思われる「772」の刻印がある。
割れ防止のため基部には金属ワイヤーが巻かれ補強されている。





MG42のストック取り外し



MG42のレシーバー後部

ストック基部の下側にあるボタンを押しつつ左へ45度ほどストック本体を回転されるとレシーバーから外すことができる。



MG42のバッファー







MG42のバッファー分解

ストックとレシーバー後部の中間にはバッファーが収まり、射撃の反動を吸収する。リコイルスプリングはソビエト軍の鹵獲兵器からアイディアを借用したといわれている寒冷地に強い2本の金属線をよったものが使用されている。




もどる