■ストック














ストックはMG34と同様に、ベークライトの樹脂製と木製の2種類が存在する。

初期のMG42はベークライト製を採用していたが壊れやすいと判断されたため、1943年2月以降は積層のブナ材が使用された。しかしこのブナ材も破損が多かったためストック基部に鋼線を巻きつけて補強が施された。さらに1944年1月以降になると白樺や他の広葉樹なども使用されるようになった。

このMG42に付属するストックは鋼線の補強がある単材となっているため、1944年1月以降に生産された可能性がある。左側面には製造番号と思われる「772」の刻印があり、肩当て部には滑り止めの溝が加工されている。




ストック基部の下側にある丸いボタンを押しつつ左右のどちらかへ45度ほどストック本体を回転されるとレシーバーから簡単に外すことができる。










ストックの取り付け基部。










ストックとレシーバー後部の中間にはストック基部が一体となったバッファーが収まり、射撃の反動を吸収する。リコイルスプリングはソビエト軍の鹵獲兵器からアイディアを借用したといわれている寒冷地に強い2本の金属線をよったものが使用されている。




もどる