■刻印(銃左側)

1941年製のMP40/Iに打たれた刻印を紹介。
※写真左が銃口側

銃口の後ろ、フロントサイトガード基部には「A44」※Merz-Werke のアムト刻印と下3桁のシリアル番号。



フロントサイト後部の委託射撃用レスト部分。Ermaを表す「280」のアムト刻印はわずか2.5ミリほどのサイズしかない。



銃身下のベークライト製委託レストにも「645」のシリアル番号。




銃身側面に並ぶ多数の刻印。Erma の「280」アムト刻印が3つ、4ケタ+アルファベット1文字から成る「3645f」のシリアル番号、国家鷲章。




マガジンハウジング前方のレシーバー。「3645f」のシリアル番号、他と同様の「280」のアムト刻印と「44」のアムト刻印は製造メーカー:Autounionを示す。




マガジンリリースボタン。ローレットが未加工となっている部分に「COS」※Merz-Werke のメーカーコードの刻印。




レシーバー内部に収まるボルト本体。「623」のアムト刻印はSteyr-Daimler-Puchを示し、レシーバー後部上面に大きく刻印された「bnz」のコードと同じメーカーを指す。ロアレシーバーグループと一致する「8175」のシリアル番号と不鮮明ながら小さな国家鷲章も確認できる。




ボルトハンドルの頭にある「ayf」はErma を示す。




バッファースプリングをレシーバー後部で受けるエンドキャップ。Steyr を示す「623」のアムト。




トリガーにもアムト刻印がある。「815」はSteyr。



レシーバー後部の折り畳みストックの基部。輪郭だけで詳細がまったく読み取れないが形状からアムト刻印と思われる。




折り畳みストックのアーム部分(写真は展開した状態)。Steyr-Daimler-Puchの「623」アムト刻印とシリアル番号の下3桁を刻印。反対側のアームにも同様の刻印が入る。




もどる