■レシーバー その1 


アッパーレシーバーとロアレシーバーはともにプレス製となっており、同じくプレス製のピストルグリップがネジ止めで取り付けられる。これに樹脂製ストックとの組み合わせで、当時の最先端を行く優れたデザインとなった。アッパーレシーバーは単純な筒型になっており内部には大型のボルトとバッファースプリングが収まる。レシーバー後部には折り畳みストックの基部がある。




後部から見るとレシーバーの断面は円形であることがよくわかる。レシーバー本体は厚さ約1.3㎜のスチール板から製作されている。




写真中央にある丸い部品が上下のレシーバーを固定している。この固定は高精度ではなく、勘合に隙間があるため、銃をねじるとロアーとアッパーレシーバーはガタガタと動く。




金具を下へ引きながら左右どちらかに少し回転させるとロックが解除できる。これで上下レシーバーの結合が解除される。



シアーの突起が干渉するためトリガーを引きながらレシーバーを45度ほど回転させると上下のレシーバーが分離する。

アッパーレシーバーからはボルト本体とリコイルスプリングを取り出せる。

フィールド・ストリッピングと呼ばれる一次分解はこれで完了。アッパーレシーバー、ロアレシーバー、ボルト、チューブ式リコイルスプリングと僅か4パーツだけ。紛失するような小さな部品も無い優れた設計。



MP40の機構的特徴の一つが、1920年代に生産されたエルマ短機関銃から採用されている3段伸縮式チューブに収められたリコイルスプリングであり設計者であるフェルマーが1927年に特許を取得している。スムーズな作動・異物混入防止・スプリング変形や紛失の防止などに加え、チューブ内の空気がバッファーの役割を果たすことで発射速度が低下し射撃コントロール性が向上するなど複数の特長がある。

またこのチューブ式リコイルスプリングは機械オイルが凍結してしまうような極度の低温下(-30度以下)においては、ボルトの動きが阻害される要因となった。




バッファースプリングの先端から突き出すファイアリングピンはボルト中央を貫き、ボルトフェイスから数ミリ出た状態で固定される。






MP40は重量のあるボルト(単体重量420g)とややテンションが強いリコイルスプリングの採用により、9㎜パラベラム弾の反動をストレートに受ける単純なブローバック方式を採用。ロッキング機構などが無く、ボルト形状もシンプル。
※写真のボルトはエキストラクターが未装着




ボルト下面。中央の溝はエキストラクター、左右の溝はマガジンリップを避けるため、大きくえぐれた加工が施されている。







アッパーレシーバーの下面には長方形の2つの開口部が設けられている。銃口側が上下レシーバーをロックする金具の差し込み口、射手側がボルトを後退位置(射撃位置)で止めるシアーを通すための穴。







レシーバーとピストルグリップはネジで接続される。メインで固定する大きなネジの周囲に小さなネジが嚙み合って、緩みを防止する。




MP40のレシーバー本体



MP40のレシーバー本体

MP40のレシーバー分解





ロアレシーバーから樹脂製のストックやグリップを外した状態。これまでの短機関銃とは明らかに異なるデザインとプレス部品で作られた先進的な構造がよくわかる。

ピストルグリップ部品は前後の2部品で構成されたスチールのプレス製であるが、1943年以降の後期生産型では生産性が向上し、1部品のみで製作されている。




もどる