■ストック




MP43はMkb42(H)のストック部材をそのまま転用したと思われるMP44よりも一回り大きなバットストックを装着したタイプが多く、MP43に見られる特徴の一つであるが、このMP43ではMP44に近い小型サイズのバットストックを装着。無垢の単材から加工されている。

中央付近にある楕円形の穴はスリング通し。

ストックの内部にはリコイルスプリングが収まる穴が全長の2/3ほどの深さまで開いている。この中でリコイルスプリングは伸び縮みする構造のため、ストックが破損すると射撃不能となる。




ストック下面には4桁のシリアル番号が打たれている。








MP43のバットプレート上部には分解用工具、清掃ブラシ、銃身内クリーニング用チェーンなどのクリーニングキット収納穴が設けてある。スチールプレス製の蓋は内部にスプリングが内蔵され、開いたフタは自動的に閉じる。ここにはクリーニングキットの他に簡易の銃操作マニュアルも収められていた。




バットストックの後部。破損の多い角だけをガードする簡易の保護金具とストックに直接彫り込まれた滑り止めの溝。上がMP44、下がMP43。



末期の生産型になるとクリーニングキットの収納筒は省略される。上がMP44、下がMP43。




ストックの大きさはほぼ同じだが、アウトラインや丸みを帯びたエッジ部の形状などが異なっている。上のMP43、下のMP44ともに単材であるが、MP44では積層材も多く見られる。



もどる